COLUMN 

地方創生・林業再生ビジネス協会

先鋭メンバーが、地方創生・林業再生を綴る!

 民間企業が主体となって、地域の経営ビジョンの提言を目指すウルフの経営(地方創生・林業再生ビジネス協会)。当会では2018年5月18日、Basis Point汐留店(東京都港区)にてキックオフフォーラムを開催した。会場には、林業・製材木材業界の中小企業経営者、地方自治体の行政職員、異業種からは、教育・福祉・IT業界の関係者など約30人が参加した。

"意欲と能力のある林業経営者" の目指す姿

 今回のキックオフフォーラム開催のきっかけの一つとして、平成31年度から創設されることとなった森林環境税、森林環境譲与税の存在が欠かせない。新たな...

柳沢林業の原代表を訪ねる、ウルフの経営・先鋭者インタビュー。前回のインタビューに引き続き第3弾では、「視察を受け入れる理由」「カラマツの価値を高める活動のきっかけ」「これからのウルフの夢」この3つについてお話をお聞きしました。

株式会社柳沢林業 代表取締役。社員の可能性を引き出すことが、山の可能性につながると信じて事業展開を探る。(一社)ソマミチ代表。木を使う社会の仕組みづくりを通した、個人の自立、地域の自立を目指して活動中。

原代表が人前で話されたり、積極的に視察を受け入れる理由は何ですか?

原代表:

昨年末に法人化されたソマミチには、視...

柳沢林業の原代表を訪ねる、ウルフの経営・先鋭者インタビュー。前回のインタビューに引き続き第2弾では、「サービスを提供する上で大切にしていること」「地域企業が掲げる経営理念」「自社の事業から始まった地域への波及効果」この3つについてお話をお聞きしました。

株式会社柳沢林業 代表取締役。社員の可能性を引き出すことが、山の可能性につながると信じて事業展開を探る。(一社)ソマミチ代表。木を使う社会の仕組みづくりを通した、個人の自立、地域の自立を目指して活動中。

企業として、サービスを提供する上で大切にしていることは何ですか?

原代表:

これまでは素...

ウルフの経営・先鋭者インタビュー。続いては、長野県松本市で株式会社柳沢林業の代表を務める、原薫さんにお話をお聞きしました。柳沢林業が拠点にする長野県では、人工林の約半分をカラマツが占めています。漢字で「落葉松」と書く名の通り、日本の針葉樹の中で、カラマツはただ一つの落葉性の高木(こうぼく)と言われます。また、イチョウを除く針葉樹の中で、唯一の落葉性で、落葉松がある森では、四季折々の彩りの風景を見ることができます。「信州・松本平の豊かな風景をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、カラマツやアカマツに囲まれた信州松本にて林業を営む株式...

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © Furukawa CHIIKINO Consulting Inc. All Rights Reserved