ウルフの経営 先鋭者インタビュー 原薫氏 vol.3

柳沢林業の原代表を訪ねる、ウルフの経営・先鋭者インタビュー。前回のインタビューに引き続き第3弾では、「視察を受け入れる理由」「カラマツの価値を高める活動のきっかけ」「これからのウルフの夢」この3つについてお話をお聞きしました。

株式会社柳沢林業 代表取締役。社員の可能性を引き出すことが、山の可能性につながると信じて事業展開を探る。(一社)ソマミチ代表。木を使う社会の仕組みづくりを通した、個人の自立、地域の自立を目指して活動中。

原代表が人前で話されたり、積極的に視察を受け入れる理由は何ですか?

原代表:

昨年末に法人化されたソマミチには、視察の依頼もいくつか戴いています。動き始めた法人で、”まだまだ、これから”と思っていますが、私たちの理念を伝えるために、視察の依頼も積極的に受け入れたいと考えています。

最も伝えたいことは、やりかた(方法論)ではなくて、在り方(コンセプト)ですね。方法だけを模倣するのではなく、本質的な在り方こそが大事なのだと気づいてほしい。そして地域にあったやり方を工夫していってほしい。結果として魅力ある日本を一緒に作っていかれればと思います。

また、本物であることの価値づけと継続するための視察料はいただきますが、それよりも本質的な在り方を伝えることを是非ペイフォワード、次へつなげてほしいと思っております。山(自然=本質、根源)と向き合う私たちが担うべき役割だと思うからです。

柳沢林業、ソマミチ共に「地域材の付加価値を高めること」「人と山を繋ぐこと」を大切にされていますが、どんなきっかけがあったのですか?

原代表:

静岡県井川で林業に携わっていた頃は、杉檜を取り扱っていました。原木が安くなったと言えども、静岡では出荷すれば材が売れました。しかし信州に来たら、主要な材はカラマツとアカマツになりました。そして地域に沢山あるこれらの材を出荷しても、地元の人は全く買ってくれないという状況。そこから「なんでだろう?」と思って家づくりの勉強を始めした。なぜ落葉松が嫌われるかを学んだり、その一方、意外にも積極的に使ってくれている人がいて、その方たちの存在にも気付けるようになりました。そのように、地域材(カラマツ・アカマツ)がどうすれば売れるか?と考えていた頃、地元の製材所である有限会社田中製材所の方から「一緒に製材をもっと活かせないでしょうか?」と相談をいただき、徐々に川中・川下のメンバーと繋がるようになっていて出来たのが、現在のソマミチです。

林業が抱える問題点のひとつは、「山に関わる体験や山や木を知る機会が少ないために、人々が山に関心を持つきっかけがない。」という点にあると思います。逆に私は、登山を通じて自然に興味を持ち、また木の性質を読んでどう活かすか教えてもらえたこと。そこが響き、山へ通うようになりました。

森林組合に入り、素材生産の担当として現場に行くようになった頃、造林班長から「本当は、育てるとこ(植林)から始めた方が良いぞ」と言われたこともありました。しかしその後職場は変わりつつも、ずっとご縁があったのは素材生産の仕事でした。当初は今ほど機械化は進んでおらず、文字通り3Kの現場であったために「辞めさせたくて・・・?」と思ったこともありましたが、振り返ってみると、大学で受講した樹木学から始まる私の林業人生は、ずっと「木を活かすこと」にあるのだと感じるようになりました。これは弊社の理念にも盛り込まれております。(「木を伐るとは活かすということ。」)最も、例えば吉野林業のような一部の老舗林業地以外では、基本的に天然林から必要に応じて伐採し、植林から始まった歴史は少ないのではないでしょうか。日本では、恵まれた気候風土によって、植林をしなくても樹木が生育できる環境条件があります。だからこそ、育てる林業の歴史は新しく、伐採することから大切に考える必要があると思います。未だ「木を伐ることは環境破壊である」との認識があることも確かですが、大事なのはどのように木を選ぶのか、その「伐り方=選木」だと考えております。これはマタギの方から教わったことでもあり、木挽き職人の手記にも書かれておりました。「天寿を全うする直前に伐らせていただき、今度は材木としての息を吹き込む。」これが自然(じねん)の中で生きてきた、日本が誇るべき「木の文化」の歴史なのだと思います。これを現代の人々にわかりやすくお伝えし、再び山との関わりを取り戻していかれればと思います。ヤマト牧場を構える岡田の山(松本市岡田地区)は、岡田神社のご神体として祀られています。そんな岡田山に、神馬としてヤマトがやってきてくれました。「馬に引かれて(惹かれて)山に行こう!」彼は、山と人を繋ぐ架け橋になるのだと信じています。

これまで原代表が山へ通うようになった原体験や、企業と地域の理念などのお話をお聞かせいただきました。最後に、原代表にとっての「ウルフの夢」をお聞かせください。

原代表:

正直「ウルフの・・・」という言葉は、私には合わないとも思います。まだまだ成功しているともいえないし、何か秀でているということでもありません。けれども、自分たちがありたいように…「自然(じねん)=自ずから然り=ありのまま」に生きられる。そういう林業・地域の在り方を考えていくとすれば、その夢を突き詰めていくと、やはり「現場が動かす林業」ですね。

私はかねてから林業を「周回遅れの一等賞」にしたいと考えておりました。遅れている、ダサい、カッコ悪いと思われていた林業界を、実は「山」には本質があり、スマートで美しい世界もここに存在するのだと人々に気づかせたい。本当は誰もが持っている感覚、それを思い出すことでもあるのですが。そして同時に、一般社団法人ソマミチの理念にありますが、経済のリデザイ「林業を通じて、地域経済の自立的発展を促します。」というのを目指したいと思ってます。

日本の民間企業は実に元気です。そして、市民の選択として、選挙の一票よりも消費者として何を選ぶかといったことの方が影響力が強いのではないかとも考えています。これからの全うな経済を作っていくためにも、その選択肢をソマミチが提供していきたいですね。

”林業を「周回遅れの一等賞」に”は、原さん語録の一つ。いつもフワリと飛び出す原さん語録に惹かれて、周りに人が集まってきます。ウルフの経営キックオフフォーラム(5/18)では、どんな名場面が繰り広げられるのでしょうか?! 登壇者が即興で繰り広げるスピーチと対談をお楽しみに!


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square