Copyright © Furukawa CHIIKINO Consulting Inc. All Rights Reserved

COLUMN 

地方創生・林業再生ビジネス協会

先鋭メンバーが、地方創生・林業再生を綴る!

 民間企業が主体となって、地域の経営ビジョンの提言を目指すウルフの経営(地方創生・林業再生ビジネス協会)。当会では2018年5月18日、Basis Point汐留店(東京都港区)にてキックオフフォーラムを開催した。会場には、林業・製材木材業界の中小企業経営者、地方自治体の行政職員、異業種からは、教育・福祉・IT業界の関係者など約30人が参加した。

"意欲と能力のある林業経営者" の目指す姿

 今回のキックオフフォーラム開催のきっかけの一つとして、平成31年度から創設されることとなった森林環境税、森林環境譲与税の存在が欠かせない。新たな...

柳沢林業の原代表を訪ねる、ウルフの経営・先鋭者インタビュー。前回のインタビューに引き続き第3弾では、「視察を受け入れる理由」「カラマツの価値を高める活動のきっかけ」「これからのウルフの夢」この3つについてお話をお聞きしました。

株式会社柳沢林業 代表取締役。社員の可能性を引き出すことが、山の可能性につながると信じて事業展開を探る。(一社)ソマミチ代表。木を使う社会の仕組みづくりを通した、個人の自立、地域の自立を目指して活動中。

原代表が人前で話されたり、積極的に視察を受け入れる理由は何ですか?

原代表:

昨年末に法人化されたソマミチには、視...

柳沢林業の原代表を訪ねる、ウルフの経営・先鋭者インタビュー。前回のインタビューに引き続き第2弾では、「サービスを提供する上で大切にしていること」「地域企業が掲げる経営理念」「自社の事業から始まった地域への波及効果」この3つについてお話をお聞きしました。

株式会社柳沢林業 代表取締役。社員の可能性を引き出すことが、山の可能性につながると信じて事業展開を探る。(一社)ソマミチ代表。木を使う社会の仕組みづくりを通した、個人の自立、地域の自立を目指して活動中。

企業として、サービスを提供する上で大切にしていることは何ですか?

原代表:

これまでは素...

ウルフの経営・先鋭者インタビュー。続いては、長野県松本市で株式会社柳沢林業の代表を務める、原薫さんにお話をお聞きしました。柳沢林業が拠点にする長野県では、人工林の約半分をカラマツが占めています。漢字で「落葉松」と書く名の通り、日本の針葉樹の中で、カラマツはただ一つの落葉性の高木(こうぼく)と言われます。また、イチョウを除く針葉樹の中で、唯一の落葉性で、落葉松がある森では、四季折々の彩りの風景を見ることができます。「信州・松本平の豊かな風景をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、カラマツやアカマツに囲まれた信州松本にて林業を営む株式...

家業である有限会社藤川工務店を継承しながら、地域資源を活かす合同会社の運営を先導する、藤川豊文代表。前回のインタビューに引き続き第3弾では、前回のインタビューに続き最終回では「藤川社長が視察を受け入れる理由」「持続的経営に向けた利益の循環」「藤川社長にとっての”ウルフの夢”」この3つについてお話をお聞きしました。

(有)藤川工務店 代表取締役。2010年に、一次産業者と連携し、地域資源を活用する為にばうむ合同会社を起業、自然と共存できる町づくりを理念に、木材・農産品の製造・販売を展開。林業者と連携した6次産業化ビジネスを立上げ中。

藤川...

家業である有限会社藤川工務店を継承しながら、地域資源を活かす合同会社の運営を先導する、藤川豊文代表。前回のインタビューに引き続き第2弾では、「自社の事業から始まった地域への波及効果」「サービスを提供する上で大切にしていること」「地域企業が掲げる経営理念」この3つについてお話をお聞きしました。

(有)藤川工務店 代表取締役。2010年に、一次産業者と連携し、地域資源を活用する為にばうむ合同会社を起業、自然と共存できる町づくりを理念に、木材・農産品の製造・販売を展開。林業者と連携した6次産業化ビジネスを立上げ中。

自社の事業から始まった、地...

株式会社山共の田口社長からお話を伺ってきた、ウルフの経営・先鋭者インタビュー。続いては、高知県本山町で事業を行う、有限会社藤川工務店の代表取締役・藤川豊文社長の元を訪ねました。本山町も東白川村と同じく、日本一美しい村連合に選出された、日本の原風景が残る地域です。位置的には、四国地方のちょうど真ん中。本山町の象徴的な山は、白髪山で、室町時代にはここから天然ヒノキが伐採され、筏流しで搬出された木材は大阪城の築城に使われています。

藤川家は明治初期に香川県五色台地方から、ここ本山町へ移り住み、工務店業を続けてきたご一家でした。豊文社長にとっ...

東濃ヒノキの産地としての歴史を活かしながら、自社の林業部門を創設し、素材生産~製材までトータルで経営する”地域企業”の経営者・田口房国社長。前回のインタビューに続き最終回では「田口社長が視察を受け入れる理由」「持続的経営に向けた利益の循環」「田口社長にとっての”ウルフの夢”」この3つについてお話をお聞きしました。

株式会社山共

代表取締役 田口房国 氏

株式会社山共 代表取締役。岐阜県東白川村在住 2007年より(株)山共代表取締役。400haの山林を所有し、林業、製材業を中心とした木材産業全般を本業とする傍ら、これからの社会が抱える課題...

東濃ヒノキの産地としての歴史を活かしながら、自社の林業部門を創設し、素材生産~製材までトータルで経営する”地域企業”の経営者・田口房国社長。前回のインタビューに続き、第2弾では「自社の事業から始まった地域への波及効果」「サービスを提供する上で大切にしていること」「地域企業が掲げる経営理念」この3つについてお話をお聞きしました。

​​

株式会社山共

代表取締役 田口房国 氏

株式会社山共 代表取締役。岐阜県東白川村在住 2007年より(株)山共代表取締役。400haの山林を所有し、林業、製材業を中心とした木材産業全般を本業とする傍ら、これか...

「日本で最も美しい村」にも選出されている、岐阜県東白川村。裏木曽山系の山に囲まれ、古くからの木材産地としても名を馳せてきた地域です。ここ東白川村で林業と製材業を営む、株式会社山共。東濃ヒノキの産地としての歴史を活かしながら、自社の林業部門を創設し、素材生産~製材までトータルで経営する”地域企業”の経営者・田口房国社長へ「田口房国が考える、ウルフの経営とは?」とお話を伺いました。全3弾でお届けするインタビューですが、まず初めに「田口社長の情熱方程式」、「事業継承で変えたところ、変えなかったところ」「仕事と暮らしへの価値観」この3つにつ...

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事